voyage de france フランス郷土料理を巡る旅

Le Ballon店主たけやまのフランス郷土料理を巡る周遊記

ブログをつける意味

思い出やら楽しい記憶は永遠にその人の心に残っているなんて嘘だ、その時のその瞬間、そこにいた人達、匂い、場所それはこと細かに一つ一つ覚えてるか?っていうとそんな事無くて…。

私は過去に2010年の9月からの1カ月間ヨーロッパ9ヶ国を回った、その時の感動、思い出は時の経過と共に色褪せ、現在は何と無く覚えているという事が大半でほぼ忘れてしまった事もただあるのだ、その時は貴重な体験だからこそ後になっても思い出せるように、毎日日記を書いていたが、帰国日の前日にパスポートと共に残念ながらその日記は消失してしまったのだ…。幸い写真はあるが、今となってはその写真からでしかその旅の記憶が蘇らないのである。そんな事もあり紙面で書くよりインターネットの媒体を通じてblogを書く方が無くす事はあるまいと思い現在に至る訳だ、時間は刻々と流れ現在感じた大事な事もやがては忘れてしまう。しかし写真、日記の素晴らしい所は時として、記憶を蘇えらす役割りをする事だ、人々は現在に生きているが時より、過去に戻りたく感じる事もある訳で、瞬間を記憶する物はこれから旅をする私にとっては何物にも変えがたい物なのだ。