Le Ballon

Le Ballon official blog

Paris

今日は大移動日でパリに戻る約1カ月振りのパリである。

 

方角で言うとフランスの南西から一気に北東に向かう

 

列車は途中
サン ジャン ド リューズ
ビアリッツ
バイヨンヌ
ダックス

バスク地方から

 

ボルドーで停車して終点はパリ モンパルナス駅だ時間で言うと6時間掛かる

 

朝8時15分のバスク鉄道に乗り込む、何しろ駅迄1500m程歩くので、朝の非常にいい運動になった。

 

アンダイエ駅に降りると

f:id:jimiwoodstock:20170524053754j:image

TGVに乗り換え9時24分の列車でずっと座りっぱなしだ今日は割と乗客が少ない、これは前から思っていた事だが 

 

フランスの特急券を買う際、時間によって値段が違うのには驚いたのと、早期予約次第ではかなり安く購入出来る

 

列車内に犬の連れ込みが自由

 

列車によって自転車を置くスペースがある物もあるのだ

 

車掌さんも、髪型、タトゥーが自由で中には女性の車掌さんもいる。

 

今日のパリの宿泊先はフランスに来て一番初めに泊まったオーロイヤルマッドこのホテルはパリの中心のアクセスが非常にいいのだ

f:id:jimiwoodstock:20170524052333j:image

 

部屋は少々ペンキの匂いが気になるが寝泊まりするには申し分無い環境だ

 

パリに着くなり、まずは明日のトゥールのチケットと明後日のレンヌのチケットを即購入

f:id:jimiwoodstock:20170524052429j:image

 どうやら、ヨーロッパもヴァカンスシーズン到来か、フランスでも人気の観光スポットなのか、どちらとも希望の時間が売り切れ、明日はいつもより早めの出発、明後日はいつもより遅めの出発のチケットが辛うじてあっただけだった。

 

もし今日チケットを取らなければ最悪その場所に行けない恐れもあった

 

チケット購入後、メトロのciteで下車し

f:id:jimiwoodstock:20170524053517j:image

ノートルダム大聖堂を散策してから

f:id:jimiwoodstock:20170524053005j:image

隣駅のodeonで下車しポリドールと言って、パリでは非常に歴史が古いレストランで食事をする

 

ここは前回3年前にパリに訪れた時に一回入った事のあるレストランだ

f:id:jimiwoodstock:20170524052709j:image

f:id:jimiwoodstock:20170524052611j:image

f:id:jimiwoodstock:20170524052722j:image

この店の特徴は観光客より、地元の年寄り相手の店でスタッフも年齢層が高く、3年前に訪れた時とスタッフは全く変わって無かった。

 

料理の特徴は昔ながらの伝統的なビストロ料理ばかりで、今日はアッシパルマンティエと言って牛ひき肉とマッシュポテトのグラタンを注文する。 

f:id:jimiwoodstock:20170524052558j:image

 

ボリュームがありマッシュポテトは余り生クリームは使っておらず、フランスのおばあちゃんの味と言ったところで懐かしい感じで美味しかった

 

しかしだが、地元の人間と私みたいなアジア人の観光客とはあからさまに態度が違くて非常に気分が悪くなる接客だった。

 

長い事いるとフランスの嫌な部分も見えて来て上記に書いた事は1回や2回では無く都市になる程、軽い差別を感じる事はあるのは悲しい

 

しかも、言葉で返せない自分が腹立たしく思ったりする事もあるのだ

 

まぁそんなネガティヴな場合もあればいつか書いたように田舎に行くと逆に親切にされたりする場合もある等

 

もし仮にフランスで暮らす場合、都市に成ればなる程コミュニケーションや意思表示をちゃんと伝え無いと、厳しいというのは痛感する。

 

パリに帰って思ったのは、パリはフランスではズバ抜けて都会だ、物価も地方都市と比べると例えばレストランで考えると全体的に3e程高い


第2の都市が2週間程前に訪れたリヨンであったが、パリに帰って改めてリヨンを思うのは地方の都市感は拭えなく、住んでる人種だったり時間のタイム感もパリは特殊である。

 

まぁ世界的な大都市というのもあるが

 

残り1週間で日本に帰る予定だが、出来るだけ、多くの物を吸収して帰りたい。

 

今日の1曲

why can't we be friends /War

https://youtu.be/5DmYLrxR0Y8