voyage de france フランス郷土料理を巡る旅

Le Ballon店主たけやまのフランス郷土料理を巡る周遊記

Paris

遂に今日で最後の日になってしまった フランスの1カ月滞在はあっという間だ

 

今日も昨日と同じく、前半はお土産タイムだ、まずマドレーヌ駅へ私のお気に入りブランドのセントジェイムスのシャツを買いに行く、日本の値段の7掛けで買えるのだ

 

その後一昨日行ったレアル駅のモンマルトル通りで、デキャンタ用のポ リヨネ

陶器を購入!少々思いので明日の運搬が心配だ

 

その後ポンヌフ駅で下車し愛の橋へ行ったが鍵が括りつけられてる場所が撤去されていてショックだったが鍵は違う場所に括りつけてあった。

f:id:jimiwoodstock:20170530074819j:image

f:id:jimiwoodstock:20170530074843j:image

 

一旦ホテルに戻り今日は敢えてパリで観光客が立ち寄らない、区、場所を行ってみる事にした。

 

 

まずはグランド・モスケ・ド・パリへ

ここは、フランスにあるモスク。ヒスパノ・ムーア様式(fr)で、付属するミナレットの高さは33mである。パリ5区、ジャルダン・デ・プラント地区、ジョルジュ・デスプラ通りに位置する。1926年7月15日、シ・カドゥール・ベンガブリット(fr)によって創設された。グランド・モスケは、イスラム教とイスラム教徒の可視性にとって象徴的な、重要な場所である。

 

ここの一角がフランスの空気を全く感じず異国の地を訪れたのかと錯覚した。

f:id:jimiwoodstock:20170601230633j:plain

 

そこからプレイス イタリー駅で今日の目的のバスク専門料理のChez Gradinesに行くが回転まで1時間あるので、違う店で時間を潰し、再びChez Gradinesに向かう、この店は13区にあるのだが、完全に地域に根差したお店だ

 

そんな中でも私のようなよそ者にも差別せず優しく接してくれて、しかも料理はボリューミーで安く地域に根差した街の定食屋だった。

 

注文はパテドバスクとピペラードだ

本家本元のバスク地方で食べたかったのに、食べれなかった料理がパリで食べれるのは嬉しい。

f:id:jimiwoodstock:20170601230904j:plain

最初にタップウォーターが出てきてから

f:id:jimiwoodstock:20170601231220j:plain

 

パンが凄い量出てくる。

そこからのパテ ド バスクだがほぼパテドカンパーニュとルセットは変わらず添えられてるものが緑唐辛子などバスク産の物で、肉感が強く美味しかった。

 

f:id:jimiwoodstock:20170601231053j:plain

そこから人生初ピペラードだが

これもガルニのジャガイモが凄い量で炒り卵の中に3色のパプリカが入っていて、その上にハムが乗ってる素朴で豪快だが親しみがありホッとする料理だった。

f:id:jimiwoodstock:20170530075049j:image

この店はスタッフもフレンドリーで楽しそうに働いていて、その空気感が緩くて店の雰囲気は心地よく、今回のフランス旅行で3本の指に入る名店だった8時が近づくと店の中はほぼ満席になった。

 

ほぼ店の中は4人掛けテーブルだが

隣に2人客が入ると、パンとタップウォーターはシェアーしてくれとスタッフが言った。

 

なんかこれ、凄くいいなぁ〜と思った知らない人同士がコミュニケーションを取るきっかけになるし、スタッフさんが

シェアしてくれと言ったのは、もしかしたらこれが狙いなのかも知れない。

 

フランス旅行最後のご飯にふさわしい、本当にいい店だった。

 

その後13区のチャイナタウンを目指し

ポルト ディヴィリー駅へ、この街は昔ながらの古い建物は無く高層ビルが立ち並ぶ団地で周りにあるレストランは中華ばかりで、パリに来た事を忘れてしまうような場所だった。

f:id:jimiwoodstock:20170530075146j:image

f:id:jimiwoodstock:20170530075205j:image

f:id:jimiwoodstock:20170530075244j:image

f:id:jimiwoodstock:20170530075259j:image

パリを訪れたのは4回目だが、こんな場所は初めてでパリの新発見だった。

 

今回合わせてパリに6日滞在したが観光する人はパリの綺麗な表面上のイメージしか捉えて無いと思う。

 

シャンエリゼ、エッフェル塔凱旋門もパリだが、本当のパリらしいパリは今日訪れたような地域に根差した人々が住む場所にあるのでは無いかと思う。

 

私はパリは好きだがパリで生活したいとは思わない。

 

何故ならアジア人としての意識を忘れないといけない、その街に同化し無いといけない、人によっては意地悪な奴が多く、同じフランス人のようにみんなが平等に接してくれない事、生活する為の物価も高い事だ

 

逆に美点は個人の生き方、考え方にポリシーがありマイペース、あまり干渉しない、言い換えると日本と違って人の目を気にしてとかが、あまり無いのだ。

 

とは言っても日本に慣れてる私は日本が一番住みやすいのだと思う。

 

自分の生まれ育ち、生活する場所は何よりもかけがえの無い場所だ。

 

憧れは憧れで、いざその場所に出向き自分の判断でその街、街を感じられた事、これは私の人生の大きな財産だ。

 

本当に有意義な旅であった。

 

I love Paris /Vanessa paradies

https://youtu.be/MwtiXr--0os