voyage de france フランス郷土料理を巡る旅

Le Ballon店主たけやまのフランス郷土料理を巡る周遊記

Bordeaux

今日は11時にボルドー到着

f:id:jimiwoodstock:20170517052635j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517052633j:image

フランスに来て一番暑い日でボルドーは最高気温が29度そんな暑い中10kgのバックパックを背負い冬物のPコートを来て街を散策。

 

今日はブッキングしたホテルが17時チェックインという事を知らなく、ボルドー駅で荷物が重くて預けようと試みもするも、上手くコミュニケーションが取れず仕方無く重い荷物とPコート小さいカバンを肩に掛けボルドー市街を散策する。

 

流石はプチパリ、月の港と言われる街ボルドーだ!

 

道幅が大変広く、街もスケール感があり綺麗だ、ボルドーと言えばのブルス広場、水鏡がある通りはゴージャスさがあり。圧倒される

f:id:jimiwoodstock:20170517051212j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051134j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051903j:image

 

f:id:jimiwoodstock:20170517051926j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051936j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517052020j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051257j:image

 が10kgの荷物を背負い30度近い暑さで2時間歩きっぱなしの私は、体力的に辛くなり暫く、カンコンス広場付近で休憩を取る

 

時計の針が3時半になると、歩くのが嫌になり、4時ならホテルも入れてくれるだろう…。と軽い気持ちで宿泊先のトラム駅のLa Maregue駅へ向かう為トラムマップを見ると

 

今日もまた遠い(汗)

中心街から14個目の駅だった。

トラムは中心街を抜け坂を抜けてくと

街の名はcenonと言う場所に変わり、昨日のトゥールーズと一緒で高速道路近辺を走ってく。

 

 

更に行くと街と言うよりベットタウン的な街に移り、この辺りになると都市部とは明らかに歩いてる人が変わり、アラブ系やら黒人やらが多い地域になった。もともとフランス自体が色んな移民を受け入れる懐の深い国なんでこの街自体も色んな人種がいる。因みにアジア人は本当に数が少ない。(かといって貧民街とかそういう場所では無い)

 

駅に着くと、そこから500m程歩いた所が今日の宿泊先クイックパレスだった。途中陸橋を渡るが下は高速道路なのだ!

f:id:jimiwoodstock:20170517051349j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051357j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517051426j:image

昨日のトゥールーズも然りだが、どうやらフランスでも中途半端に大きい街だと予算抑え目で探すと駅近は高級ホテル、安くて3つ星で、リーズナブルな所は皆無でこういった郊外になってしまうらしい…。

 

同じ予算でも、パリ、リヨン、ストラスブール、ニースの時は駅から500m以内でも沢山あったのに…。

 

ホテルに着くと扉が閉まってた。

そりゃそうだチェックインが1時間前出し…。しかしドアから中を見ると受け付けの人はいるので軽くノックすると

開けてくれた。

 

予想通りチェックインは

17時だったが優しい人だったので部屋を用意してくれた。

f:id:jimiwoodstock:20170517051455j:image

 疲労と暑さで暫く小休止すると、再び街に向かう、その時は目が慣れた性かあまり遠さを感じなかった。(よくよく考えたら25分位なんで、まぁ、良しな方かもしれない。)

 

市街に着くと、観光名所を何箇所か周り

f:id:jimiwoodstock:20170517052135j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517052151j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517052210j:image

f:id:jimiwoodstock:20170517052207j:image

ご飯にするも、郷土料理系が無く、スタイリッシュなフレンチイタリアンばかりで、入りたい店が無かったので、今日もブーランジェリーでパンを買って、食べ歩きながらホテルへ帰る。

 

あんまりボルドーも郷土を感じられるレストランは無さそうだ、ひとつ発見があるとすると、トゥールーズでもそうだったが南西地方に入ると、アラブ系の人が多い性か、クスクスをメニューで良く見かけるようになった。

 

今日は暑さとの戦いの一日であった。

 

 Bye bye black bird / Julie london

https://youtu.be/DfANFQOLGKA