Le Ballon

Le Ballon official blog

Nice vol2

今日はいつもより遅めに起床、ニースの滞在日数は5日間あるので、今までとは違い少々ゆったりとした時間の使い方をする。先ずは10時半にプロムナードザングレを歩く、ニースは今日からの1週間ずっと快晴が続き

 

散歩するにも気持ちよく海沿いは心地いい風が流れる。今日は海沿いのレストランのパラソルはどこも開いていて、ニースらしい光景を目にしたのでシャッターを連写しまくる。

f:id:jimiwoodstock:20170507232026j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232002j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232044j:image

プロムナードザングレをひたすらまっすぐ歩いて行くと天使の湾を一眺できる絶景スポットがあるのでここでもシャッターを連写しまくる。

f:id:jimiwoodstock:20170507232108j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232127j:image

しかしこの眺めは気持ちがいい海は綺麗に紺碧が掛かっていて。いつまでもこの場にいたい。

 

更に歩くとヨットハーバーが見えた

f:id:jimiwoodstock:20170507232415j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232449j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232524j:image

 ここはPorte de niceといい、街の建物の色に感動しこの辺を散策してみる。

 

色んな建物を見ると私は建物の決まり毎に気づく、それは建物の壁の色はそれぞれバラバラだが窓の扉が全て薄い緑色でほぼ統一されてるのである。

 

ここに限らずニースの他の場所でも同じであった。カラフル過ぎなく感じず何処かしら、締まって見えるのはこれが原因なのだと思う。

 f:id:jimiwoodstock:20170507232614j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232748j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507232829j:image

それから行きの道を引き返し旧市街へ向かうとマルシェが見える今日は日曜日なので、いつも以上にに賑わいを見せ。

 f:id:jimiwoodstock:20170507233400j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507233446j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507233510j:image

 周りのレストランは何処も大盛況だった。

f:id:jimiwoodstock:20170507233551j:image

ニースのビストロ、ブラッスリーの特徴はどの店もパスタとピザがありフレンチとイタリアンの混合の店が多い。

 

これは恐らくイタリアとの国境に近い事と、もともとこの地方の料理がイタリアの影響が大きいのだと思う。

 

私自体ニースはフランスというか寧ろイタリアを感じる。オリーブ、トマトが沢山取れるのは被るし、街の人が愛想が良くトッポいのも似てるいる。

 

お腹が空いたので、何処かで昼ご飯を食べる事にする。今日はBistro de l'operaと言う店に入る。

 f:id:jimiwoodstock:20170507234507j:image

注文はこの地方の郷土料理であるが、今や全国的に何処でも見かけるサラダニソワーズこれはハーフサイズと普通のサイズがあったが勿論ハーフでと

 

ハムとチーズのオムレツと白ワインはこの地方の白コート ド プロヴァンスを頼む。

 

隣の人がサラダニソワーズの通常サイズを頼んでとてつも無い量だったので、それを見てホッとした。

f:id:jimiwoodstock:20170507233617j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507233634j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507233653j:image

 サラダニソワーズはツナとアンチョビが沢山入り塩気が強い分ドレッシングはほんのすこし掛かってるだけだったが、この調整が絶妙なのとオムレツもチーズ、ハムの塩気があるので卵には殆ど塩気が無いのだが、このバランスが非常に良く美味しかった。

 

この後事件が起きた今でもその事件は謎だが、会計の際明らかに釣り銭が足りないのにも関わらず

 

私が払ったお金と釣り銭をトレーに置いたまま、店員は他のテーブルに行ってしまったのだ

 

結局頭に来たので、そのトレーのお金は全部持ってったが、平気でそんな事をする店員が許せないのと、自分の語学力の無さが情け無かった。

 

帰る際にトレーのお金は何も無いのに気づいてるのに、その店員は普通にありがとうございますを言ってたが、

 

なんだったのかは今だ謎だ??普通なら私に突っ込みを入れる筈なのに、釣り銭が面倒になって店員が奢ることにしたのだろうか?

 

はて話しを料理にもどすが

なんかフランス料理は、どの店も塩気が強いイメージを捉えていたが、それは割と思い込みなのかも知れない。

 

ニースの飲食店は、一流の観光地と言うのもあり値段が今までの地方都市に比べると、少し高いのが特徴だ

 

旧市街の奥の裏路に入ると他の国に迷いこんだのでは無いか?と戸惑う比い、フランス料理以外のスペイン、イタリア、ポルトガル料理屋が多い。

 

気軽なバル的なスペイン料理屋は行列が出来ていて驚いてしまった。やっぱりどの国も早い、安い、美味い、気軽この要素はでかい。

f:id:jimiwoodstock:20170507234344j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507234427j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507234501j:image

f:id:jimiwoodstock:20170507234606j:image

それから明日の予習も兼ねてモナコ行きの100番バスの停留所を探しにニース駅へ向かう。

 

しかし幾ら探しても見当たら無い…。これ以上探しても時間が無駄になってしまうので、その件はホテルに戻りレセプションのお姉さんに聞くことにして、夜飯を買うべくスーパーに向かう。

 

惣菜コーナーでコールスローラタトゥイユとグリル野菜のマリネだ、これ全部合わせて5Eなんで日本で言うオリジン値段ってとこだ

 

ホテルに戻るとレセプションのお姉さんに100番バスの乗り場を聞くと、昼に行ったPorte de niceにあると教えてくれた私はてっきりニースから出てるもんだと勘違いしていた。

 

しかしホテルからPorte de niceは歩いて30分以上はかかるが、それでも敢えてそのバスを選ぶだろう、それは電車だとニース、モナコ間の絶景が見れないからだ、後は電車が片道3Eに対してバスは往復で3E掛かるので、歩くのが好きで時間に余裕がある人は是非お勧めなのだ明日が楽しみである。

 

今日の1曲

Little white lies /Kurt Rosenwinkel

https://youtu.be/46AJnIbmW4Q