Le Ballon

Le Ballon official blog

Gevrey-chambertain et Beaune

昨日から天気が非常に心配だった天候次第では新たな予定を考えなければならない、幸い外を見ると小雨ではあるが散策出来そうだ。今日はブルゴーニュワインの代名詞的な場所ジュヴレ・シャンベルタンとボーヌに向かう。実いうと私は大きな勘違いをしていて、ジュヴレ・シャンベルタンへは、電車でのアクセスは可能という事を知った。今日は昨日とはうって変わって移動はほぼノーストレスで回る事が出来た。まずは宿泊先からディジョン駅迄バスで移動本当はcity passといって24時間トラム、バス乗り放題チケットが3.9eでそれが欲しかったのだが、バス内では購入不可で、駅の窓口で購入するらしい、無事駅に着くと10時半の電車で先ずはジュヴレ・シャンベルタンへ

f:id:jimiwoodstock:20170506023738j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506023747j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506023833j:image

 この場所はワイン愛好家なら知らない人は居ないブルゴーニュワインの聖地だ駅に降りたつとさすがに田舎の村でぶどう畑と民家しか無い、何となく中心街がありそうな気がしたので南へ向かう。今日も地図は無く勘に頼るしか無かった。何故ならジュヴレ・シャンベルタン駅は無人駅で券売機も何も無い、これがあのジュヴレ・シャンベルタンの駅!?と思うと拍子抜けしてしまった。

600m程歩くと

 f:id:jimiwoodstock:20170506023934j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024039j:image

centle ville(中心街)の標識が見えて私はホッとした、これが間違いだったら無駄な時間になるのと、この駅は1時間に1本しか電車が無く何も見れないまま引き換えす事になってしまうからだ、中心街が近づき先の方を見るとより、ぶどう畑が広がる

f:id:jimiwoodstock:20170506024109j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024118j:image

 これちょっと感動であった、今までお客様に説明してた事が本からの知識からこの瞬間に、よりリアリティある説明を出来るようになったからだ。歩くと何件かドメーヌがあり片っ端から写真を撮る

f:id:jimiwoodstock:20170506024206j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024212j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024222j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024254j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506025005j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024912j:image

ひとつ残念なのはドメーヌ内に入るのを躊躇してしまった事だ、田舎の村なんで英語は容易に伝わら無くフランス語は全く私は話せないからだ。それでも急斜面の特級畑などが自分の目前に見えた時、あたり前だが本に書いてある事が目前にあり感動だった。正直ワインを知らない人からしたら畑の為に何故だが?私からしたら、いったいどういう場所なんだろうという昔からの疑問がここで解消されたからだ。12時29分迄駅に戻らないと、次は1時間後になるので10分前に駅に戻ったが乗り場のプラットフォームを間違えてしまい、ギリギリで反対側のホームに間に合う。電車の中に入ると、車掌さんが居て、どうやらその人から切符を買うらしい。次の行き先はボーヌだ

f:id:jimiwoodstock:20170506024908j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506024917j:image

ここはコートドール(黄金の丘)と呼ばれる、延々とぶどう畑が続く丘陵地帯にありブルゴーニュ地方の真ん中よりにある街だ中心街に行くとビストロ、ブラッスリーが沢山ありまたまたシャッターを押しまくる

f:id:jimiwoodstock:20170506025152j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506025243j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506025211j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506025331j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506025408j:image 

 menuを見るとブルゴーニュ地方の代表的料理、ブッフブルギニヨン(牛ホホ肉の赤ワイン煮)とジャンボンペルシエ(ハムとパセリ)の煮凝りが、ほぼどの店にもあって嬉しかった、ディジョンは何しろそこそこ栄えてる割に昔ながらの郷土料理が食べれる店が無いので何処でたべれるか困ってたとこだったからだ、13時を過ぎると昼ご飯にする事にしてお客の入りがいいブラッスリー

Le Carnotに入る、

f:id:jimiwoodstock:20170506025854j:image

今日は、グラスワインのピノノワールとブッフブルギニヨンを注文する事にした。

 f:id:jimiwoodstock:20170506025909j:image

 f:id:jimiwoodstock:20170506025925j:image 

本当は前菜でジャンボンペルシエを頼みたかったが、恐らく2皿でお腹がパンパンになるのが想像出来たからだ。この牛肉の赤ワインは私が知る限りだと2通り方法がある一つはソースを煮詰めてバターでトロミを出す方法(これはウチの店だったりフランスの南西地方の作り方)とビーフシチュー的に出す作り方だ。この店とは限らずブルゴーニュ地方では後者の作り方だった。これはこれでありなのだが、少々ソースに濃厚さが無く物足りない印象だった。良いいい方をするとビストロらしい荒削りな感じがしていいのだが、私はちょっと洗練さが欲しいと感じた正直これはウチの店の方が美味しかった。後、思った程量はそんなに多くは無かった。店を後にし散策するとドメーヌがポツポツとある事に気付く

f:id:jimiwoodstock:20170506031225j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506031145j:image

f:id:jimiwoodstock:20170506031148j:image

それとウチの店でも仕入れてたジョセフ ドルーアンのドメーヌを見つけた時はお!!!っと思った。ボーヌはディジョンより街が小さく見所があり、魅力的なビストロ、ブラッスリーがあり正直今回の旅で宿泊先をディジョンにしたのは私の選択ミスだった。ディジョンに戻ると、改めて街の中途半端さを感じた。宿泊先に戻ると例の海外wifiを借りてる会社からの代替機が届いていて、繋いでみるとやはりドカベン並に遅かった…。

3Gというのもあるので、画像が沢山のページを開く時は時間がかかってしまう

野球選手なら戦力外通告レベルだ、それから休憩して、ディジョンの中心街に出たがやっぱり魅力的に感じるブラッスリーもビストロも皆無だった。今日はコンビニでフランスパンとチーズと生ハムでサンドイッチにして夜飯をすませた、残り1日ディジョンに滞在だが、明日もディジョンから近郊に行くつもりだ、恐らく綾瀬で一番ディジョンを説明出来るのは私だけであろう笑

 

今日の1曲

How much for your wings /Black crows

https://youtu.be/NGnhp1SaG28